1.4 Yubako Udon A4 rgb 600dpi thumb.jpg

尾張津島の名物

 

江戸時代の旅人

「重箱うどん」で一息つく

Owari Tsushimaʼs speciality:

two Edo travellers take a break over Jyubako Udon

client:津島市観光交流センター

media:カレンダー、書籍

planning and production:

セカンドハウス 上田賢次

重箱うどんは、普通のかけうどんのような丼ではなく、重箱に入れてあります。器が変わると味まで変わるという最たる例です。確かに普通のうどんが 高級な感じで うまいような。つゆは枡酒のように角からすすります。8代続く(200年くらいか)うどん屋 “たまがわや”という店の名物でした。なぜ漆器なのか?始まりはよく知りませんが、津島市に問い合わせると資料など残っているかもしれません今は重箱うどんは、津島市神尾町の “今吉いまきちで食べることができます。

Jyubako Udon is a regular Kake Udon but served in a Jyubako (lacquerware box), not a bowl. This is a good example of how changing the bowl can change the taste! The dipping sauce is sipped from the corner like a sake cup. It used to be the specialty of “Tamagawa-ya”, an udon shop that has been in business for eight generations (about 200 years), but today you enjoy Jyubako Udon at “Imakichi” in Kamio-cho, Tsushima City.

 Why lacquerware? I don't know how it started, but if you contact Tsushima city, they might have some records.

1.4 Tsushima-Udon 2 mono.jpg