3.8 201411 Wernigerode, Kleinstes Haus, customized, enlarged.jpg

バウムクーヘンの専門店

Baumkuchen specialty store

ドイツ風の店を背景にした肖像画

portrait with a European setting

client:アペックスハート

日本ではなぜかバウムクーヘン (Baumkuchen) が人気なんですよね?

 レシピはドイツが起源と言われていますが、この焼き方は何世紀も前から行われています。私は子供の頃からバウムクーヘンを食べていました。故郷であるアルトマルク地方 (Altmark) では、バウムクーヘンは1807年からオリジナルレシピに従って、今でもザルツヴェーデル都市 (Salzwedel) で薪の火を使ってレンガのオーブンで焼かれています。

 第一次世界大戦の初頭、ドイツの植民地であった中国青島 (Tsingtau) が日本に征服されたとき、若き菓子職人カール・J・W・ユーハイム (Juchheim) は、捕虜として広島へ来て、日本で初めてバウムクーヘンを作りました。

Why is Baumkuchen (kind of spit cake) so popular in Japan?

 The recipe is said to have originated in Germany, but this baking method has been practised for centuries. I've been eating Baumkuchen since I was a child. In my home region in the Altmark, Baumkuchen is still baked in a brick oven in the old town of Salzwedel, according to an “original recipe” from 1807.

 In 1914, at the beginning of the First World War, when the German colony of Tsingtao was conquered by Japan, a young confectioner, Karl J. W. Juchheim as a prisoner of war came to Hiroshima. He was the first to make Baumkuchen in Japan.

1900年頃に見たハンザ同盟都市ザルツヴェーデル

The Hanseatic Town of Salzwedel, c. 1900

3.8 Salzwedel Postkarte, colour.jpg